ロードバイク 自転車日記

2013年12月10日 9:24 PM 自転車調整

ワイヤーの引き値

参ったね 3ヶ月ぐらいディレイラーを何度も調整してたけど、アジャスターボルトの仕組みを全く理解しないで調整していた。調整ブログやっているのにそれどうよっ(;´Д`)マズイよね

アジャスターボルトを調節するとワイヤーが引いたり緩んだりするのは知っているけど、ワイヤーの長さが一緒なのにどうしてよーーーーーっと1時間も考えてしまったwww

理解すればすんなり頭に入るけど、普通に考えれば理屈が理解できなくて大変です:(;゙゚’ω゚’):

 

分かりにくいシフターを使って説明してます。ブレーキでやるとワイヤーの引き際がはっきりするので分かりやすいと思います

アジャスターボルトの仕組み

説明が長いので最後に読んでも大丈夫です
アジャスターボルトはワイヤーの長さを調節するためのボルトです。
ボルトを締めることでアウターケーブルが短くなるのでワイヤーが緩みます(伸びる)。逆にボルトを緩めることでアウターケーブルが長くなるためワイヤーが張ります。
ワイヤーの長さは変化しませんが、アウターケーブルの長さが変わるのでインナーケーブルの引き値(長さ)が変わってきます

アジャスターボルトの引き値について

IMAG0573 アジャスターボルトがゆるい状態
IMAG0577 ワイヤーの長さはこんな感じ
IMAG0575 アジャスターボルトを限界まで締めました
IMAG0578 ん!? んんっつ ワイヤーが伸びている

難解をできるだけ分かりやすく解説

ワイヤーの引き値

(ワイヤー)-(アウターケーブルが短くなる)=ワイヤーが長くなる

アウターケーブルはワイヤーを引く時に影響がありませんが、インナーケーブル側は変化します

Vブレーキを使ってインナーケーブルの引き値の変化を見てみよう

ワイヤー引き値 インナーケーブルが何もしていない状態
IMAG0581 あれっ お姉さんがボケて写ってっっ…違う
インナーケーブルの長さが短くなってブレーキが効いてますね

さぁ アジャスターボルトをいじってみよう

まずは自分の自転車のボルトを回してアウターケーブルが短くなっているのか確認してみよう(ワイヤー調整できない人はやめてね 俺!出張調整とかできないから…)

意味が分からなくなったらわきゅうさんのHPで更に詳しく説明しています

このブログで少しだけでも理解してもらえれば幸いです(´・ω・`)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント一覧

  • うーん、アウターをアジャスターで押しても移動するだけなんじゃ?どうして短くなるんですか?

    2016年12月8日 1:26 AM | 浜田浜雄

    • アジャスターはアウターケーブルの一部と考えます。アジャスターを緩めると内側から部品が飛び出します。逆に絞めると部品が中に入ります。内側にある部品が飛びたすことでアウターケーブルが伸びるので、結果インナーケーブルが張られます(短くなる)。

      2016年12月8日 11:54 PM | eiyx