ロードバイク 自転車日記

2013年12月19日 9:14 PM 自転車調整

フロントディレ3

ディレイラーは少しの調整で可動範囲が大きく変わります
0.5mm以下の調整を行うため最初は手こずると思います

初めての人は1時間以上かかってしまうので何度も調整して感覚を掴んでください

最初にフロントディレイラーの調整箇所アジャスターボルトの仕組みを読むとスムーズに行きます

フロントディレイラーの確認

フロントディレ 平行 チェーンリングとプレートが平行になっているか確認します。
フロントディレ5 アウターの状態でチェーンガイドプレートとチェーンリングのすき間が1mm~3mmになっているか確認します
IMAG0641 ディレイラーの角度や高さが違う時は、後ろの固定ボルトをゆるめてディレイラーの位置を調整します。必ず最初の位置を覚えておいてください

 

インナー側の調整

フロントディレ4 インナー×ローの状態でワイヤーが緩んでいることを確認します
チェーンとプレートの内側のすき間を0~0.5mm以内に調整します
0.5mm以下でもチェーンを回してプレートと干渉している音がすればクリアランスをもう少し広げましょう
12 すき間が広がっていたらインナーボルトを締めてください
IMAG0646 ワイヤーの緩みを調べます
IMAG0645 ワイヤーが緩い時は手やプライヤーでワイヤーを伸ばし、アーレンキーで固定します

 

アウター側の調整

フロントディレ3 ギアをアウター×ハイにセットする
チェーンとプレートの内側のすき間を0~0.5mm以内に調整します
0.5mm以下でもチェーンを回してプレートと干渉している音がすればクリアランスをもう少し広げましょう
フロントディレ6 すき間が広がっていたらインナーボルトを締めてください

 

ポイント

  1. クリアランスを調整する時は最後にチェーンと干渉していないか、クランクを回して確認する
  2. ワイヤーの張りを確認してからアウター側の調整を行う
  3. ディレイラーの移動後は位置がずれていないか再確認
  4.  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。