ロードバイク 自転車日記

2013年10月22日 7:59 AM 自転車調整

IMAG0122

今回はボス対応スプロケットを抜いていきたいと思います。(抜く=取る)

特殊工具にボスフリー抜きが必要です

長年乗ってる自転車だと、固く閉まっているのでレンチで抜けない可能性もあります。その場合はパイプレンチやインパクトレンチが必要になってきます

準備するもの~

IMAG0129

左から

  1. 16mmスパナ
  2. ボスフリー抜き(simano TL-FW30)
  3. 30mmモンキーレンチ
  4. グリス(今回はAZリチウム) これは必須ではない

IMAG0124

simano TL-FW30

IMAG0125

形が正六角形

IMAG0127

ギザギザの部分が回すところです

スプロケット抜いていきます~

スパナでフレームとタイヤの締め具を外します。ディレイラーはいじらなくてもいいです

IMAG0130

Vブレーキは両サイドを強く押して、ケーブルを外します

IMAG0131

外すとタイヤが抜けるようになります

IMAG0136

ボスフリー抜きはスプロケットの軸に挿します 

IMAG0134

あとは思いっきりモンキーレンチで力いっぱい回します。

向きは逆時計回り。全体重をレンチに当てるようなイメージでやると抜けると思います

IMAG0141

抜いたあとはグリスアップします。この写真少しグリスつけすぎですねww

更にいじりたくなりますが、ハブ分解は薄いスパナ2本と玉当たり調整が必要です。

CRC5-56で抜けやすくする

IMAG0139

当てる場所は矢印の場所です

チェーンガードがある場合は、内側にかければいいと思います。最終的にグリスアップするので多めにかけます

ボスフリー抜きまとめ

ボス抜くメリットって6速→7速かチェーンガードを取るためしか無いんですよね・・・(´・ω・`) simanoTL-FW30は1200円 自転車屋で頼めば力を使わないで800円・・・ 高いですよsimanoさん

スプロケットを変えることで速さに変化はないが、ピカピカスプロケットは気持ちがいいですね(´∀`)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。