ロードバイク 自転車日記

2013年10月26日 10:43 PM 購入講座

IMAG0210

自転車をネットで探すと最初にぶち当たるのが、自転車のフレームサイズです。

俺もいろいろ調べてはいるものの、頭がごちゃごちゃになるぐらい複雑です。

できるだけ分かりやすく書いていくつもりですが、内容が難しいので細かいところ(ブランドなどのサイズの違い)は書きません。もし時間があれば表を作ってみようと思います

ジオメトリーとは?

2013-10-26_213708

上の画像はGIANTのTCR2のジオメトリーです

ジオメトリーは自転車のフレームサイズ(プロパティみたいなもの)です。これをみて自分の体のサイズに合った自転車を見つけます。

しかし全てのブランドが同じジオメトリーではないので、重要な2つの箇所を説明していきます

フレームサイズ(シートチューブ長)

1 560x316 自分に適したフレームサイズを見つけよう(ジオメトリー編)

ほとんどのブランドのフレームサイズはシートチューブ長(BB中心軸~シートチューブ上端)を元に書かれています。

自転車きゅうべえを参考にしています

身長(cm) フレームサイズ(mm)
150~168 約470
154~172 約490
158~176 約510
162~180 約530
166~184 約550
170~188 約570
174~192 約590

トップチューブ長

21 560x316 自分に適したフレームサイズを見つけよう(ジオメトリー編)

ヘッドチューブの芯からシートチューブの芯までの距離のことをシートチューブ長と呼びます。

自転車を選ぶ上で一番重要なところです。長すぎても短すぎてもだめ。サドルやステムの長さや角度で調整もできますが、ポジションがくずれるので、購入するときは必ず確認しましょう

身長(cm) トップチューブ長(mm)
165 510~525
170 520~535
175 530~545
180 540~560

まとめ~

俺の自転車でシート:490*トップ:510でした。身長が170cmなのでサドル調節が必要になりますが、足が短いので問題ないですwwwww

さすがにシートチューブが500超えると、自転車に乗るとき足上がらないぞ いやいや 本当に上がらないからwwww



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。