ロードバイク 自転車日記

2014年11月2日 7:46 PM その他

IMGP0462

総重量12,5kgがさすがに重たく感じたので、
フロントのみロード用キャリパーに交換しました。

写真はひたちなかに260㎞走った時の仕様です。

仕様変更による効果

IMGP0466

RIDLEYの余りフォークを使用
ホイールはVISION team30です(30mmハイトこれしか持ってないので)

フロントの軽量化は漕ぎ出しに大きく影響を与えます。
1kgの軽減(12.5→11.5)ですが信号からの漕ぎ出しがスムーズになりました。

前方だけ軽いのでハンドリングがし易いですが、40km/avでは慣れるまでフラつきますね。フロントキャリパー化はクロモリディスクフレームの欠点を改善することができます。

ディスクブレーキは片方でも良い??

SnapCrab_NoName_2014-11-2_18-55-33_No-00

写真はiwanの自転車日記より

iwanさんはロードフレームにフロントディスク化(TRP HD/RD)、
ブルベには最適な選択です。

来年ぐらいにはフロントディスク&ハブダイナモが増えて来そうですね。ディスクが片方では効きが悪いと思いましたが、キャリパーと効きを比べると五分五分です。
引きの違いはあるものの走行時の不満は全く感じません。

まとめ

ディスクロードはまだ市場が小さく、ホイールや専用キャリパーの選択肢が少なく、金額がかかります。片方ディスク(ハイブリット化)によって選べる選択肢が増えたので安易な軽量化やブレーキ力の強化ができるようになります。私のリアのみディスクはリアエンド135mm対応のフレームでしかできませんが、ロードバイクならフォーク交換でポン付けでディスクを付けることができます。雨天時のブレーキに不満を感じているジテツウライダーさんには朗報ではないでしょうか



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。